MENU

【広告】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。


お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

一人暮らし 貯金できない

目次

一人暮らしで貯金するための実践的な方法

一人暮らしは自由で充実していますが、経済的な課題も伴います。

特に、「貯金がなかなかできない」という悩みは多くの方が抱えています。

この記事では、一人暮らしをしている方が賢くお金を管理し、貯金を増やすための具体的な方法をご紹介します。

いや貯金のできない多くの一人です。笑

しかし支出を見直せば、どんどん浪費癖は減ります。是非家計を見直して、いざというときのためにお金をどんどん貯めていきましょう。

貯金できない理由を理解する

まず、貯金ができない理由を理解しましょう。高い家賃、日々の生活費、そして衝動買いなどが主な原因です。これらを認識し、どこに無駄遣いをしているのかを把握することが重要です。

貯金できない人の多くの理由は「食費」です。

ファミレスぐらいなら…と思って入ったレストランも、1000円も毎日使っていれば、そりゃ家でご飯を食べるより高くなります。1週間のうち何回かスタバを減らすとか、そういう工夫も必要です。

家計簿をつける

家計簿をつけることで、収入と支出を明確に把握できます。スマートフォンのアプリやエクセルなどを使って、日々の支出を記録しましょう。

家計簿を付けるとわかるのですが、一番浪費で多いのが「食費」です。

しつこいのですがもうコレ以外ないなっていうほど、食費に多くの人がお金をかけています。レストランは原材料が高騰して、メニューをすぐ変えられないので、価格を上げて販売するのです。

そして集客率などを計算しながら、新しいメニューを作って発表します。何が言いたいのか?というと、そのとき旬な野菜のほうが安いのに高い野菜を使ったファミレスの料理を食べていれば、そりゃお金なんて貯まるわけもないのです。

あなたがスタバやファミレスばかり行っているわけではないとしても、家計簿をしっかりつけて見直すクセをつけておいてください。

無駄遣いを削減

家計簿を参考にして、無駄な支出を見つけ出しましょう。例えば、外食費を減らす、無駄なサブスクリプションを解約するなどがあります。

サブスクなどは特にそうなのですが、入りっぱなしという場合も多いです。副業などをやる方も多いので副業で使うんだという方は、サブスクなどではなく一括でまとめて買うなど、お得な方法で購入してください。

定額で払うより一括で支払った方が安い、という場合も意外と多いです。

固定費を見直す

家賃や光熱費などの固定費も見直しの対象です。より安い物件を探したり、節電・節水を心がけることで、固定費を減らすことが可能です。

家賃は面倒ではあるものの、女性なら特にトラブルが起きたとき、絶対に変動する固定費です。引っ越しを余儀なくされた場合でも、以下のことをしっかりチェックしてください。

  • 今の家賃とどうなのか?
  • 立地の条件は大丈夫か?
  • 周辺は治安は大丈夫か?

こういうことをチェックすることで、すぐ引っ越すなど固定費の浪費を防ぐことが可能となります。

自動積立の活用

毎月の収入から一定額を自動で貯金口座に移す設定をしましょう。これにより、気づかないうちに貯金が増えていきます。

これはちょっとハードルが高めですが、海外に口座を作ってそこに余った現金を移すとか。そういうことも重要です。さらに証券口座を開いて、そちらにお金を入れておくというのもナシではないです。

まとめ

一人暮らしでの貯金は、日々の小さな習慣と意識改革から始まります。上記の方法を実践することで、少しずつですが貯金を増やすことができるでしょう。

経済的自立への第一歩として、今日から始めてみませんか?

貯金と聞くと結婚という二文字をよく聞きますが、最近の夫婦は日本の状況がこんなだからでしょうか。意外と夫婦でも他人という感覚が強いように感じます。

専業主婦になると言ったら「貯金あるの?次の仕事はあるの?」と、旦那さんから言われるという話もよく聞くことです。是非女性は特に貯金を貯めておいて、いざというときに大丈夫な状態にしておきたいところです。

節約には知識も重要です。本を読むとわかりやすく解説しています。もし節約で知識が足りなければ、本を読んで知識をつけ、実生活に取り入れていきましょう。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次